読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

かなしみよ横たわってわたしを喰い尽くさないで

雑記

気持ちのよい秋晴れの朝、眠れなかったので早く家を出たら駅前が混雑していて、どうやら飛び込みによる人身事故らしいと聞いて、胸をつかれました。改札の中には当分入れなさそうだったので、コンビニのコーヒーを買って時間つぶしに隣の駅まで歩く途中、見つけた公園のベンチに座って空を見上げたら、雲ひとつないほんとうにきれいな青空で、昨日の雨のおかげで空気もきれいで、こんなラブリーな日にそこまで追い詰められた人の気持ちを思うと泣けて泣けて、悲しくて仕方がなくなってしまいました。悲しみというのは本当に気付くとすぐそばに来ているもので、心が弱っているときには、想像以上にあっさりと、わたしを取り込んでしまいます。なにがわたしを悲しみから救ってくれるかは分かりません。誰かの言葉や抱擁かもしれないし、大切に思っているものの存在なのかもしれないけれど、誰の隣にも悲しみは滑りこんできて喰い尽くそうとしてくるから、何かがズレていたら、あの電車に飛び込んでいたのはわたしだったのかもしれません。そんなことを考えてもまったく無意味なのですが、ともあれ、ささやかでも未来への希望を、期待を捨てずにいたいし、少しでも与えられる人になりたいと思った朝でした。

絶体絶命

絶体絶命

 

広告を非表示にする