インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

自分の書くものに飽きている

結局みんなキャッキャウフフしたかっただけなのか - phaの日記

読んだ。そう言われればそうかもしれないし、それはあとからくっついてきたおまけのようなものだと言えばそんな気もする。

ブログを熱心に書いていたときのモチベーション、いま思い返すと「誰かに読まれる」ということは間違いないんだけど、その「誰か」は他でもない自分自身だったのではないかと思う。

自分が考えたり経験したことを言葉にして外に出し、冷静に読み返すことで得られたものがたくさんある。それは自分の視点だったり思考の癖だったり、要するに「自分を他人として眺められる方法」で、個人的に人生を生き抜く術として有効だった。その方法を身につけることでたくさん救われたし、同じ視点をもつ人と意見を交換するのは、とても楽しかった。

まとまった文章を書くのって難しくないか?

一方で、この増田に書かれている内容も、よくわかる。

素人同士が長文で意見ぶつけ合って何が生まれんだよ

ブログでトラックバックを送り合うというのは、議論がものすごく発展する、というよりは、それぞれがそれぞれの考えを持ち寄って見せ合って楽しむ、というのに近かったかもしれない。そのぬるさが心地よかったし、見知らぬ人の「自分はこう思うんだけど」がじんわりと集まってくるのは、楽しかった。

それを「キャッキャウフフ」と表現するならそうなのかもしれない。でもその「キャッキャウフフ」に参加するには、自分の中から言葉を絞り出して文字に落としていかなければいけない。ブログでの意見交換というのは、それを踏み越えられる人同士だったから通じる何かがあったようにも思う。

 

じゃあお前は何で今も旺盛に書いていないんだよと言われると苦しい。特にわたしはツイッターとブログが合流したタイミングでブロガーとして少し注目してもらえたこともあり、ツイッターでの短文発信が主流になったから、ブログのような長文発信が下火になったとも感じない。

最近自分で思うのは、人生がループし始めているなということ。悩みも苦しみも、だんだん似てきている。10〜20代の頃に感じていたことをまだ悩んでいるし、結局は人間関係とお金と健康のことでしか、足を止めて悩むことがないような気がしているのだ。

結婚して離婚して、また結婚して子供を産んだだけだから、これから親の介護や死、大きなお金の移動やトラブルを経験していく過程で変わっていくかもしれないとはいえ、何かを感じてブログに書こうと思ったとき、過去の自分がすでにそれを書いていたりする。

そして今の方がテクニック的に当時よりは少しマシな対処ができるようになっていても、芯の部分は大きく変わっていないので、あまり言いたいことも変わっていなかったりするのだ。

これはかなりつまらないことで、自分でも「こいつ毎回似たようなこと書いてるな」と思うのはうんざりする。もちろん寄稿など求められて書く文章で似たようなことを書くぶんには違和感はない。でもここのブログはわたしの現住所のようなもので、過去の履歴も見ることができ、何よりそれを1番知っているのは自分なのだ。自分で自分の書くものに飽きている。長く住んだ家のようなもので、あれもこれもわたしが自分で探して選び、置いたものだらけだ。心地よいし安心するが、新鮮な刺激はない。これがわたしが書く頻度を落としてしまった理由なのではないかと思う。

とはいえ、新しくわたしを知ってくれた人に過去の履歴を参照するよう強制するわけにもいかない。今の自分が自分の人生で1番経験豊かなのだとしたら、それを書き残さない手はないとも思う。そう思いつつ、日々の子育てやら仕事やらに追われ、自分のための文章を書く時間をあとまわしにしてしまっているのは、やはり「飽き」が大きいような気がしているのだ。

 

何か新製品を見つけてレビューしたり、ノウハウをシェアするタイプではなく、自分の中で煮詰めた考えを文章にしていくタイプのブロガーは、この問題にどう対処しているのだろう。そう思ってネットを彷徨っても、ピンとくるブログに出会えなかったり、そもそも彷徨う時間が取れなかったり、書かない言い訳は山ほど出てくるので、それは次までの宿題としておこうと思う。

 

今日はそんな感じです。チャオ!

blog.hatenablog.com

猫と子

2013年に猫を引き取ってから、もう8年になる。体も小さく、目と足の悪い子猫はなかなか貰い手がつかなかったようだ。が、最終的には我が家に腰を落ち着けた。その後、わたし自身が離婚をしたり、再婚をしたり、海のそばへ引っ越したり都内へ戻ったり、妊娠して出産したりと、慌ただしい人生を送っていた間も、猫はずっとわたしの家にいた。

心配していた片目の濁りは生活するぶんには困らず、弱々しかった後ろ足はすっかり丈夫になった。たいした病気もせず、今年で8歳になる。雄猫だからなのか、体格がどっしりとしており、なんだか貫禄がある。そういう生き物が我が家をうろうろして、妊娠で腹が出っぱったり突然現れた赤子に振り回されているわたしを求めて、にゃあにゃあと鳴く。

 

さて一方の子は、今年で3歳になる。猫を連れて再婚した夫との間にできた娘は、高齢出産で産んだせいか、めっぽうかわいい。2歳になる前に入れた保育園は大正解で、保育者や同じクラスの子どもたちの影響を受け、子はぐんぐんと成長を見せた。

ふにゃふにゃと柔らかくただ泣くだけだった生き物が、歌ったり踊ったり、生意気な口を聞くようになったのだ。これは本当にものすごい成長で、わずかにあった「子を預けて働くこと」への罪悪感は、あっという間にふきとんだ。

 

さてこの子と猫との関係はというと、一定の距離感を保ちつつ、猫のほうが子に寛容に対応している印象である。赤子は容赦がないので、ソファの上でくつろぐ猫の隣に座らせたりすると、むんずと毛を掴んで大喜びしている。

猫はじっと何かを考えるようにしばし硬直したあと、するりとどこかへ行ってしまう。毛を掴まれて嫌なわけがないと思うのだが、後から来た生き物へ、それなりに配慮をしているのかな、と感じることもある。

 

その1人と1匹の間に、最近ちょっとした変化があった。

娘が猫に餌をやることを覚えたのだ。

 

親が両方とも、決まった時間になると何やらザラザラと音のするものを皿の上にあけて猫を呼んでいる。猫はいそいそとそれを食べている。その様子が楽しそうに見えたのか、あるとき「ザラザラッ」という聞き慣れた音に驚くと、子が猫の餌を皿に出してやっていた。

猫には決まった時間にごはんをあげることにしているから、これからは黙ってあげちゃだめだよ。そういうと子は神妙な顔をしてうなずいたが、それ以降、猫に餌をやろうとすると「◯◯ちゃん(自分のこと)があげるの!!!」と言って怒るようになった。

 

量さえ加減して渡せば、皿にごはんをあけることくらいは任せてもいいだろう。そう思って、時間になると「猫にごはんあげたい人!」と呼びかけるようにした。呼びかけられた子は「はい!」と立ち上がり、猫の餌場へやってくる。やってきて、ザラザラとごはんを皿にあけたあとは、対して興味も示さず自席へ戻る。

 

あれ?もしや、子は猫に餌をあげたいのではなく、この「ザラザラ」がやりたいだけなのでは?


そう思わないこともないが、ほんのたまに、餌を食む猫のとなりにしゃがんで、その様子を観察する微笑ましい風景もある。背中を丸めて餌を食む猫と、同じように背中を丸めてその様子を観察している小さな娘。なかなか悪くない風景である。

うちの猫があと何年生きるかはわからないし、わたしも何歳まで生きるかはわからないけれど、まあこの1人と1匹の間に何かが生まれたり生まれなかったりする様子を眺めることはできるだろう。

 

人生にひとつ楽しみが増えた、と思う。子の成長も楽しみだし、猫の変化も楽しみだ。家に生き物がいる、というのは、そういう小さな楽しみの積み重ねが増える、ということなのかもしれないな。そんなことを思ったのでした。

 

今日はそんな感じです。
チャオ!

20201225

  • 7時半起床。
  • 朝起きて、娘にクリスマスプレゼントを渡す。
  • というか「サンタさんが置いていってくれたよ!」というテイで渡す。
  • メインのプレゼントよりおまけのシールブック(100円ショップで買った)に食いつきがよく笑ってしまった。
  • 昼ごろ、チキンの下ごしらえをしておく。
  • 通院後、買い物を済ませ帰宅してチキンの準備。夫がスパークリングワインと白ワインを買ってきてくれた。
  • Mステを観ながらワイワイ晩ごはん。
  • 晩ごはんはローストチキン、きのことじゃがいものソテー、サラダ、バゲット
  • 無事クリスマスを迎えたので、日記は年明けまでまでお休みしようと思う。
  • みなさまよい年末年始をお迎えください。
  • クイックジャパンの最新号に夫が構成をした対談が載っているので、よろしければぜひ。
クイック・ジャパン153

クイック・ジャパン153

 

20201224

  • 8時起床。
  • 午前中、仕事で嫌な知らせが届いたので何もかも嫌になり、昼も夜も外食。材料は買ってあるので、クリスマスのごちそうは明日作ることにした。
  • 外食帰り、ケーキを買ったら娘がどうしても持ちたい、というので持たせたところ、天地をひっくり返す勢いの落とし方をして笑ってしまった。
  • ちなみにそのあともう一回落とした。
  • 帰宅後、崩れたケーキを食べ、口直しにいちごを出し、「サンタさんがくるよ」と言って寝かしつける。
  • クリスマス、子供のためという口実で親が親っぽいことをやるイベントな気がする。なにしろ子供の驚いたり喜ぶ顔を見たいのだ。
  • 娘へのプレゼントは明日の朝に渡す予定。楽しみ。

20201223

  • 8時起床。
  • 夫とお昼を食べに出たら、ご近所さんと偶然会って立ち話。こういうの、最近なかったな〜。
  • 彼女がもうすぐ出産なので、うちの子のお下がりをあげたときに手紙を入れたのだけど、手紙の返事を書いたので、今度また取りにきて!という話をしてバイバイした。
  • 年内最後の歯医者。まだ小さい虫歯があるので、年明けまで治療を持ち越してしまった。歯医者は頻繁に通うべき。反省。
  • 晩ごはんは娘のリクエストでオムライス。あとは昨日の残り物と、ブロッコリーを蒸したもの。
  • 午後にスーパーへ行ったら、鶏肉のコーナーのケースがバンバン空になっておりクリスマスを感じた。あと、いちごが200円ほど値上がりしていた。
  • かまぼこはまだ98円。お正月に向けてそろそろ値上がりするかな?
  • Netflixで映画『RBG 最強の85才』を観た。元気の出る映画だった。
  • ギリギリで届いた娘へのクリスマスプレゼントをラッピングして、押し入れに隠した。渡すのが楽しみ。
RBG 最強の85才(字幕版)

RBG 最強の85才(字幕版)

  • 発売日: 2019/12/03
  • メディア: Prime Video
 

20201222

  • 8時起床。
  • 昨日の夜中ハッと起きて洗っておいた米が炊けていたので、おにぎりにしたら娘は食べた。デザートにいちご。
  • 夕方帰ってきた娘が抱っこをせがむので抱き上げたら、抱きつきながら「あいしてるよ〜」と言うので涙腺にきた。ママも愛してるよ。
  • Netflixで映画『ブックスマート』を観た。評判通り面白かった。音楽も良かったので、また観たい。
  • 峰なゆか『AV女優ちゃん』を読んだ。よくある業界裏話的なエンタメ漫画かと思ったら思ったより重い内容で心にザックリきた。
  • 晩ごはんは白菜とひき肉のカレー、昨日の残りもののれんこんのきんぴら、かぼちゃの塩煮、きゅうりの浅漬け。
AV女優ちゃん1

AV女優ちゃん1

 

20201221

  • 8時起床。
  • 娘が最近、朝ごはんをあまり食べない。ごはんもだめ、パンも残す。どうしたものか。
  • Netflixで『ザ・プロム』を観た。『glee』と同じ監督らしく、ミュージカルシーンは心躍る。
  • 晩ごはんは鶏肉と白菜のごま中華鍋、れんこんのきんぴら、かぼちゃの塩煮。冬至なので、かぼちゃの料理を準備できて良かった。
  • 晩ごはんの買い物のついでにウー・ウェン『料理の意味とその手立て』を探すも最寄りの本屋では取り扱いがないという。
  • 常々思っているのだけど、最寄りの本屋と本の好みが合わない。悲しい。
  • とはいえ店頭の中央線コーナーに置いてあった『いつか中華屋でチャーハンを』を購入し一気に読んだ。昔からある店の人に聞く話は面白かった。
  • 朝ごはんをあまり食べない娘のためにりんごといちごを買った。明日の朝、出してみよう。
料理の意味とその手立て

料理の意味とその手立て