読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

「音楽イベント」という小宇宙/クラーク内藤「BO Vol.3」@渋谷OTO

f:id:hase0831:20151120183926j:plain

無事イベント終了おつかれさまでした!という話です。

 とても楽しかったです!当日はクラーク内藤さんという方を中心に、様々なアーティストが出演してお祭りのような感じだったんですが、さらにフードがあったりして、最高に縁日でした。

いわゆる一般的な「ライブ」だと、1組のアーティストの曲を聴いて、楽しかったね〜という感じか、あとは「フェス」みたいに主催者の企画したカテゴリの人たちがいっぺんに観られてお得〜みたいな感じだと思うんですけれども、わたしも最近までこういうジャンルのイベントの区別がよくわからなかったんですけれども、どうやらこういう規模のイベントを、「パーティ」、と、いうようなんですね。その呼称でなんかしっくりきたというか、確かに参加者と演者の関係が親密だし、交流もあるし、知り合った人とまた別のところで会ったりして、コミュニティが形成されてる。

なので最初は入りにくいし、逆に入ってしまうとそこから一気に世界が広がるのが面白いな〜と思っているんですけれども、こういうふうに、「ある1人の人が主催で、出る人を集めているイベント」って、なんというか、「その人のフィルターを通じてみた、今、カッコいい人たち」を、まとめて知ることができるんですよね。それでいうと、わたしはクラーク内藤さんの音楽がすごく好きなので、彼自身の世界ではどんな音楽が鳴っているんだろうというのを知れるのは、とてもおもしろい。表現として作っている音楽とは接点がなさそうに見えても、聴いてみると「ああ、こういうところに共通点!」と思える部分があったり、ライブで観ることで音源や動画では気づかなかった発見がたくさんあって、その中から自分の琴線に触れるものを見つけるのって、本当に楽しいです。

例えばクラーク内藤さんのイベントで知った「テクニックランナー」という人たちが本当に楽しくて、イベントに出ると知るとなるべく足を運ぶようにしているんですが、こういう発見がね、とてもいいな〜と思います。

 

以前、このエントリでも触れたんですが、音楽が好きで、いろんなものを見つけるのが楽しかったのに、「もういいやー」となってしまっていたのは、単に自分がちゃんと見つけられていなかっただけなんですよね。それでも日々日常を送っていると、どうしても「探す」ということに時間を割けなくなってきていて、さみしかったんです。なので、イベントを通じて好きな人がたくさん見つかるというのは、すごく幸せなことだなーと思いました。なんというか、セレクトショップみたいですね。

 

 こういうイベントって、関わりのない人から見ると内輪の集まりっぽくて行きにくいし、わたしが以前、実際にそう思ってて、なかなか行ってみる勇気が出なかったので、興味があるけど…という人に少しでも楽しさが伝わるといいな〜と思ったので、これを書いてみたのでした。いつか現場でお会いできたらうれしいですしね!

あと、ブログ読んでくださった人と実際にお会いして話したとき、このへんの話になって、「そういう音楽が好きって全然わかんなかったですよ、もっと書いたほうがいいですよ」ってアドバイスしてもらったので、今後は積極的に書いてみようと思います!

 

今日はそんな感じです。

チャオ!