インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

ダンゴムシ系女子のいちばんの親友は自分

なにやらリア充なみなさまと関わることが増えまして、ハロウインも仮想しちゃったりクリスマスパーティの話で盛り上がったりしてるんですが、マインドはいつまで経ってもダンゴムシなわけです。

 
 
そういう他人との関わりが偽りだとか見せかけだとかではないんですが、なんというか、そういう他人との付き合いがうまくいくようになったのは、自分自身とうまく付き合えてるからなのかもなと思います。
 
 
ひとりでいる時間が大切で楽しくて、予定のない休日に何をしようかワクワク考えて、ひとり気ままに出掛けたり部屋の整理をしたり、疲れたらお茶を入れてゴロンとしたり、そういう時間が本当に楽しいなあと思えるようになってきてから、他人との付き合いにも余裕が出て、距離を持って楽しめるようになってきた気がします。
 
 
もしかしたら今までは、他人ていうコントロールできないものに対して自分を委ね過ぎていて、冷たくされたりうまく接せられなかったりしたとき心底ガッカリしていたのが、少し距離を持って見ることができるようになって、冷静さが出てきたのかもしれないと思います。
 
 
他者との違いを恐れず、違うことを指摘されても狼狽えず、自分は自分なんだし、と思える心強さみたいなのは、よいですね。
 
 
これ、わたしはだいぶ年齢がいったから実感できたのですが、みなさんどうなんでしょうか。
 
 
自分は自分と思える実感と、それを否定しない相手とのほどよい距離を持った関係みたいなのが、ゆるやかに穏やかに、長く続くと嬉しいなあと思います。人間関係だから、どうなるかわかんないですけども…。
 
 
それでも、自分はどこまでいっても自分だから、うまくやっていきたいと思います。
みたいなことを考えまして、結論、ダンゴムシ系女子の親友って、自分自身しかいないんだろうなあと。
 
 
今日はそんな感じです。
チャオ!
 

 

傷なめクラブ (幻冬舎文庫)

傷なめクラブ (幻冬舎文庫)

 
世界で一番乙女な生きもの

世界で一番乙女な生きもの

 
不細工な友情

不細工な友情

 

 

広告を非表示にする