インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

ロマンティックあげるよ

きのうは20代の頃からか付かず離れずで仲良くしてる女友達と久々に家飲みしまして、みんな見事に三者三様の生き方をしててお互いの進捗共有してるとこれもなかなか興味深いなとか感じました。

 
さて、これ。
 
言いたいことはふたつ。
 
 

プロポーズしたらええやん、女から

単純な疑問としてなんで女性からプロポーズするのって浸透しないんですかね?
 
それはそれとして、「言わずとも分かれ」「アラサーなんだし察しろ」とかほんと男女ともに無理だと思うんで、30歳までに結婚したいとか20代のうちに第一子が欲しいとか、逆にそうは思ってないとか、将来を意識し始めたらなる早ではっきり伝えておいた方がいいんだろうなと思います。
 
これって価値観なので、同棲したら結婚前提でしょって思う人思わない人、結婚したら子供作るのが当たり前でしょって思う人思わない人、30年前ならあんまり多様性のなかった選択肢が今はもうバラバラで、聞かなきゃわかんないし2年前は違ったけど今はこうみたいに変化もするしで、一定の周期で話し合っといた方がいい。
「結婚できないなら別れる」とかそういう価値観だって別にあっていいわけで、否定されてもそれに重要度を置いてるならちゃんと表明しとかないと自分が苦しくなりますよ。人生の優先度づけなんて人それぞれなんですから。
 
んでそういうことを話し合えない相手とはそもそも結婚とか無理で、話してもいないなら価値観の共有すらできてないわけで、そんな関係性のままプロポーズというエサをポカンと口開けて待ってても、まずもらえないと思う方がいいんじゃないかな。
 
 

相手が望むならしてあげればいい

んでまた別の話で、プロポーズはロマンティックにとか女性は男性から乞われて結婚したいもんだとかいう話題になると拒否反応起こす人が一定数いますけど、そんなの当人たちの勝手で、女性がそれを望んでそうしてもらえることに喜びとか愛情を感じるならジャンジャンやったほうがいいと思うんですよね。
ていうか好きな相手が喜んでるのってふつうに嬉しいじゃないですか。
 
だから相手が望むなら、キャンドルが灯る夜景の見えるレストランを予約すればいいし噴水の前で膝をついてバラの花束を抱えてドラマチックに愛を語ればいいしなんかもう全体的に好きにすればいい。
二人が幸せを感じられることが一番大切なんですから。
 
 
もちろんドラマチックな演出を拒絶する女性だっているわけで、それも同じく、相手が嫌がるならそれはしない方がいい。
逆に男性がドラマチック演出大好きでそういうことしてる自分に酔いたいタイプでそれに喜びを感じる人なら、女性はその気持ちを汲んであげてもいいんじゃねーのと思います。たとえ苦手でもね。それが好きってことなんじゃないのかね。
 
 
他方、相手がそれを望んでるのに自分がそれに共感できないからやらないっていうのはあまりにも自分中心で、そもそも結婚っていう他人と果てしない歩み寄りとすり合わせをし続けることが必要な関係性に踏み出すには向かないタイプなんじゃないかなーと思います。
結婚しないことで発生するめんどくさいことがたくさんありますけど、価値観に沿わないことをやるほうがもっとめんどくさいよね。ならそういうのはやらないほうが、いいんじゃないかな。
 
お互いそういうのがしたくない同志で奇跡的に出会えて、見た目も中身もお互い大丈夫なラインで、タイミングもお互いフリーだったってんで結婚できるケースは稀にあるのかもしんないですけど、それは宝クジ級のラッキーだと思うんで、何があってもその関係は死守すべきだと思います、おめでとうございます。
 
 
いやーしかし女もめんどくせーけど男もたいがいめんどくせーわけで、だったらお互いちょっとくらい工夫してうまくやっていきましょうよ、ってことが言いたくてエントリーにしたのでした。
 
今日はそんな感じです。
チャオ!
 

 

だいこくばしズム

だいこくばしズム

 

 

広告を非表示にする