インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

2019年10月の台風日記

台風だった。わたしの住む地域は都心部でエリア的にも水捌けが良かったのか大した被害はなかった。というかスーパーやコンビニが早閉まいしていた以外はさほど災害という感じがしない夜だったが感じたことを控えておきたいと思う。

気圧でダウンする

当日というか前日から気圧でフラフラになり金曜日は朝から頭痛でぐったりしていた。朝から必要最低限のことしかできずてきぱきと買い出しや準備を進める夫を横目にベッドでうつ伏せになっていた。こういうときに気候の影響を受けるのは本当に使えないと思う。

どうしようもないので飲酒する

土曜日、動けないし頭も働かないので、飲酒をしながらAmazonプライムで『バチェラージャパン』、Netflixで『愛なき森で叫べ』を観始める。とはいえ内容的にもビジュアル的にも娘には観せたくないので飛ばし飛ばし。雨音は引き続き強いまま。

早寝する

娘に夕食を食べさせると早々に寝る気配を見せたので一緒にベッドへ。怠くて動く気も起きないが寝かしつけをしながらそのままスマホを見て時間を過ごす。一度起きて歯を磨き寝る支度をして目をつぶると2時過ぎにふと目が醒める。隣にいたはずの夫の姿がなく不思議に思いつつもたまにあることなのでそのまま二度寝へ。どうやら台風が過ぎたので夜の散歩をしていたらしい。

守られていること、守るということ

振り返ってみると、わたしは今回の台風でつくづく夫に守られていたのだなと思う。早く寝るねと告げたときも夫は「もう少し様子を見るから起きているよ」と言ってくれたし、必要になりそうな物資を揃えてくれたのも夫だ。そのおかげでわたしは安心し、ただ娘の隣にいることができたのだと思う。

思えば子供の頃から家族を守るのは父、守られている中で家族の面倒を見るのが母、というふうに役割分担があったように思う。今回は特に台風前後で父が癌の手術をするというので両親と接する機会が多く、自分の家族の原点というものに触れ自然にそういう行動をしていたような気がする。

夫はずいぶん年下だし、社会面ではわたしのほうがかなり経験値を積んでいるけれど、こういうときの頼もしさというか、どっしりした感じは年齢とは関係がないものなのだなと思ったし、夫の実家の慣しも大きく影響しているところはあると思った。

そういう意味でも、夫婦というのはお互いの家族観や価値観を持ち寄って一緒に作っていくものなのだなというのを改めて実感したし、その価値観が近しい人と出会えたのは本当にラッキーだと思った。

 

台風一過、日曜日の今日は家族で外食をして、帰り道にある夜の公園で娘を遊ばせて帰ってきた。こういうふうに家族でさまざまなことを乗り越え、実感したり価値観を更新したりして夫婦はできていくのだと思った。

そんなこんなを思えるのも、大した被害がなかったからで、そういう我々のなにげない日々を支えてくれる人たちに感謝しつつ今日を終えたいと思う。

被害に遭われた皆様の一日も早い復旧をお祈りしております。

 

今日はそんな感じです。

チャオ!

夫婦の最高を更新するために、もっと他者の力を借りよう

以前、こんなコーチングサービスを受けた話を書きました。

hase0831.hatenablog.jp

我が家はもうすぐ結婚3年目を迎えるのですが、なにやら3年目はホルモンの都合なのか何かで夫婦関係に変容が訪れやすい時期だそうです。確かに新婚気分で幸せいっぱい!な1〜2年めに比べると、一通りの行事や家族のイベントも超えて落ち着きを見せて、いよいよ本腰を入れてパートナーシップをこしらえていくのが3年目なのかな〜と思うのですが、そういう時期、壁にぶつかったとき、他者の力をもっと借りれるといいよな、と思っています。

わたし自身、自分のことで悩んだり迷ったりするときは占いやカウンセリングや、そのときの気分や、ほしいアドバイスに応じてプロの力を借りるようにしているのですが、それと同じで、パートナーシップで迷ったりもっと事例が知りたいな、と思うとき、他者の力を借りるというのは、とても有効なんじゃないかと思います。

その一例として『スキ活サロン』という「パートナーのことを大切にしたい人のコミュニティ」というのの有料会員にもなっているのですが、本当にパートナーシップは千差万別で、人の数だけ、組み合わせの数だけ悩みがあり、解決策があるんですね。

好き同士で結婚したり一緒にいるとはいえ、お互いそれぞれの人生も並行して歩んでいるわけで、それぞれ個別の成長があったり変化があったりします。わたしも結婚した当時のままじゃないし、夫だってそう。変わっていっていいし、そういう二人が一緒にいることで日々最高を更新し続けていっているから、夫婦って面白いんだろうな、と思っています。

そういう意味でも、「近い立場の友人を作る」という意味で『スキ活サロン』は参加してとってもよかったな〜と思うのですが、それとはまた別に、もっとシリアスな話題や友人には詳らかにしにくい話題もあるわけで……

そういうときに、プロの力を借りる夫婦コーチングというのは有効なんじゃないかな、ということで冒頭の話に戻ります。

個人的には前提として「夫婦のことは夫婦でしっかり話し合える状態」が基本であり、そのうえでお互いが抱えている問題や課題、潜在的に抱えている不満のあぶり出しみたいなものをプロと一緒にやっていけると、すごくよい循環が作れるんじゃないかな〜とは思うのですが、あくまでこれは理想論、実際は手探りです。わたしも結婚を一度失敗していることもあり、まだまだわからないことだらけです。

ということで、今回、夫婦関係のモヤモヤをオンラインコーチングで解決するサービス『tellme』主催のイベントに登壇することになりました。ぜひ当日、夫婦関係のあれやこれやについてお話しましょう!

tellme1030.peatix.com

2019/10/30 (水) 19:30〜、お申し込みは上のリンクからどうぞ!

お待ちしています!

 

今日はそんな感じです。

チャオ!

7月下旬から8月いっぱいの日記

f:id:hase0831:20190905205645j:image

これは他愛もない日記ですが、かけがえのないわたしの人生の記録でもあります。

中野の「大盆踊り会」で娘が盆踊りデビュー

噂に聞いていた中野区大和町での「大盆踊り会」へ家族で行ってきました。しかも2日連続。娘は初めての盆踊りで、音や人混みなど大丈夫かな……と不安だったのですが、こちらの予想以上に楽しんでいたようで、音楽にあわせて手拍子をしたり身体を揺らしたりしていて親としてもめっちゃ楽しかったです。

f:id:hase0831:20190905205742j:image
金にモノを言わせて提灯も出したので、それを見に行くだけでもかなりモトが取れたのですが、それだけじゃなく地元感とかみんなが楽しそうにしている多幸感とか、すごく良いイベントでした。暑かったし人出もすごいしで運営は大変だったと思うのですが、おかげでとても楽しめました。来年も行くぞ〜〜〜。

高円寺・小杉湯にて「パパママ銭湯」開催

ずっと銭湯が好きで、あちこちの銭湯へ行ったりしていたのですが、子どもが生まれてからなかなか行けず、というか夫婦で交代でしか行けないようになって、若干寂しいな〜と思っていたのですが、今回ご縁あって小杉湯にて子連れ歓迎イベントを開催できる運びとなりました。結果たくさんの人においでいただきまして、わたしも娘と一緒に銭湯に入れて、すごく楽しかった!

note.mu銭湯って地縁のハブになる場所だと思うのですが、この会は「銭湯」という共通点があるいろんなエリアの方と出会えたので、よい会となりました。小杉湯のお風呂がいいことはまあ間違いないので、場所が決まった時点で勝利確定ではあったのですが……またやる予定なので、興味ある方はぜひ。

誕生日プレゼントで熱海へ家族旅行

もう40代なので誕生日を楽しみにすることもないかな……と思っていたのですが、夫が家族旅行を計画してくれて、熱海へ行ってきました!しかも観光ホテルの老舗「ニューアカオ」!この本を拝見してずっと「観光ホテルに泊まってみたい!!!」と思っていたのですが、思わぬチャンスで実現してしまった。

一泊二日 観光ホテル旅案内

一泊二日 観光ホテル旅案内

 

最高でした。

お部屋から海が見下ろせて、お風呂も宴会場でのお食事もめちゃくちゃ良く、良いというか、なんだろう、昭和の疑似体験、という感じで大興奮でした。新しい≠きれいというわけでもないんだな〜というのは、小杉湯と同じかもしれない。施設は古さもあるのですが清潔で、とても快適でした。観光ホテル、ホテル内で完結できるよういろいろ用意してあるため子連れ向きで、我が家はかなり満喫しました。

 

寄稿は2本ほど公開されております。

www.recruitjobs.co.jp

fcheck.f-treatment.co.jp

どちらも渾身ですので、ぜひ読んでTwitterなどで感想を聞かせてください!

 

今日はそんな感じです。
チャオ!

幸せは当たり前のものではない

f:id:hase0831:20190831015526j:image

本日お誕生日、今年も無事に迎えられてよかった。

昨年はこんなことを書いていました。

必死の一年 - インターネットの備忘録

この一年、どうだったかでいうと、やはり「母親一年生」であることを最優先を置いて生きてきた気がします。仕事をしながらでも娘のことを思い、夫との話題も否応なしに娘についてのことが増えました。

でもそれは決して嫌な意味ではなく、わたし自身が、なにを大切にしたいのかが明確になり、スッと腹落ちして生きることができた一年でもありました。

 

最近、こんな文章を寄稿しました。

逃げ続けたのを後悔している、という話 - インターネットの備忘録

自分の本当の気持ちはなんだったのか、なぜそれと向き合えなかったのか、考えればきりがないですが、結果がよければすべてよし。今はこの選択にとても満足していますし、幸せを感じています。あるとしたら時間は巻き戻せないことだけが、唯一残念なくらいです。

 

そんな感じで、ようやく過去の大きな宿題に取りかかれたような気持ちでいます。ありがたいことにこの寄稿で年下の世代の女性と真面目な話をする機会があったり、興味を持ってもらえたりするうれしいことがありました。生きてると、いろんなことがつながっていくのだなと思いますし、自分でここまでつなげてきたんだなと思います。長く生きるのも、悪くないですね。

 

娘は相変わらず元気で、手をつないで支えれば危なっかしいながらも歩くようになりました。わたしの指をぎゅっと握り、真面目な顔で足を運ぶ娘を見ていると、こんな風に子を産み成長を見つめられること自体が夢の中にいるみたいだなと思います。

夢のようだなと思う日々は、わたしと真正面から向き合い、支えようとしてくれている夫のおかげで成り立っています。これもまた、夢のような話だと思います。幸せは決して当たり前のことではなく、どうしようもなく欲しがって、そういう状態を作るための努力を絶え間なく続けていかなければいけないんだなとも。

 

そんなことを考えたお誕生日でした。夫や娘、家族だけでなくよき友人や、出会えた方すべてに何かお返しできたらいいな、と思いながら、また一年、なんとか生きていこうと思います。次の一年は、新しい挑戦をしてみようと思っているので、お伝えしていけたらいいな。とても楽しくなると思います。ブログも滞りがちですが、不定期に書いていきます。猫も元気です。またここでお会いしましょう。

 

今日はそんな感じです。

チャオ!

「夫婦関係特化オンラインコーチング」を試してみた話

こんなサービスが出た、というリリースを見たのですよ。

プロの力で夫婦関係を改善!日本初の夫婦関係特化オンラインコーチングサービス「tellme」を8月7日にリリースします。

prtimes.jp

 今までカウンセリングは受けたことがあったのですが、コーチングはまだ受けたことがありませんでした。しかも夫婦関係特化で、しかもオンラインって珍しい&おもしろい!と思い、さっそくサービスサイトを見てみたところ、期間限定で初回セッションが無料とのこと。

 

tellme-tellme.jp

ただし、シングルプランのみということなので、ひとまずわたしだけ試すことにしてみました。申込みは簡単で、事前のやりとりをメール/LINEのどちらで行うかを選び、アンケートに回答。相性のよさそうなコーチを提案してもらったあと、日程を調整し、ビデオ通話でセッション開始、という流れです。

わたしはLINEを選んだのですが、即レスポンスをいただき申し込んだ翌々日?くらいにはセッションが決まりました。以下、オンラインで初めてコーチングを30分ほど受けてみた感想です。

 

自分のモヤモヤを言語化するのは大切

ビデオ通話でセッションが始まると、簡単な前提とタイム感の確認があり、いまわたしが抱えているモヤモヤについてざっくりと伝えながら、キャッチボールをするような感じで進んでいきました。

個人的にこうして文章を書くことで自分のモヤモヤは言語化できている・得意なつもりでいたんですが、細かい前提や自分しか知らないことを、それがまだ共有できていない相手に伝えようとすると、ものすごく言葉を選びます。

他者に伝えようと言葉を選ぶ作業を踏むことで、自分の感情や不安、不満がより具体的になっていった手応えがあり、面白いな、と感じました。

 

相手との相性は話してみないとわからない

わたし自身の悩みとしては、40代を過ぎて自分のキャリアをどうしていくか、みたいなことだったのですが、今回お願いしたコーチはいまのわたしの年齢よりさらに上の年齢からコーチングを学び始め、キャリアを積んできた方でした。そういった経験もあってか、雑談の中で「まだまだこれからですよ!」と励ましてもらい、すごく気持ちが軽くなりました。

カウンセリングでも先生との相性ってとても大切ですが、今回もコーチを選ぶ段階で事務局の方から複数コーチのプロフィールをいただき、それを読み込んだうえで今回の方にお願いできました。そのため納得感が高く、相手のバックグラウンドや経歴を知っていると、コミュニケーションもスムースに進むものだなと思います。

あとわたしは非常に警戒心が強いので、「この人信用できない!」と思ったら心を即閉ざしてしまう傾向にあり、そういう意味でも、オンラインである程度距離を保ちつつ、徐々に心を開いていってもらう感じは居心地がよかったです。

 

答えは自分の中にある

セッションの中でもお話があったのですが、あくまでコーチングは「わたしの中にある答えを見つけるために、ガイドしてもらう」という感じで、次、どうするべきか、自分がどうしたいか、は「自分が知っている」という前提で進みます。

そりゃそうだよなという感じでもあるのですが、こうして他者に「ここが重要そうに感じますが、どうですか?」と指摘されると、改めて「ああ、そうなんだよな」と実感できました。感覚でいうと、歩くのは自分なんだけど、歩くための道を薄ぼんやりと照らしてもらえる、という印象。自分である程度悩んで考え抜いたあとに受けると有効そうだな、と感じました。

逆に「教えてほしい」「指示してほしい」みたいなスタンスだと、思ったような効果はでないかもしれません……。少なくとも今回、わたし自身がいろいろ悩んで考えたことを話す過程でコーチが気づいたことを指摘し、さらに深堀りをしていく感じだったので、とてもよかったな〜と思いました。

 

終わってみての感想

終了後にアンケートが送られてくるので、それに回答し、継続してセッションを受けるならそこから申込みも可能です。しつこく申込みを勧められることもありません。

わたしは今回、シングルプランで1人だけ受け、夫婦のことというよりは、結婚・出産後のキャリアや自分自身の迷いみたいな部分にスポットを当ててもらったので、改めて1人で受けるのか、夫婦で受けるのかを夫と相談してみようと思っています。(でも、引き続き1人で受けてみてもいいかな……)

2人で受ける場合も同様に、コーチの提案があり、相性が良さそうな方を選んだ上でオンラインで受けられるので、子どもを連れて出向かなくていいのは助かるなと思います。自宅で受けられるので、リラックスもしやすい気がしました。

 

あとやはりオンラインの魅力というか、相性のよさそうなコーチと距離を問わず出会えて話せる、って素晴らしいな!と思います。こういうのってマッチする人に出会えるかどうかがキモになると思うので、通いにくい…とか遠い…とかに煩わされないのは、とっても素敵!

 

ということで気になった方は無料セッション実施中のうちに受けてみてはいかがでしょうか!というお話でした。PRではないので気軽にこちらからどうぞ〜

tellme-tellme.jp

今日はそんな感じです。

チャオ!

逃げ続けたのを後悔している、という話

寄稿しました。

fcheck.f-treatment.co.jp


卵巣年齢をセルフチェックできる検査キット『F check』のブランドサイトに体験談を書きました。

卵巣年齢は、「卵巣の中に残っている卵子の数が、
何歳の平均的な値と同水準か」を表すもの
卵子は女性が胎児のときに作られ、生まれた時に個数が決まっています。「卵巣の中に残っている卵子の数が、何歳の平均的な値と同水準か」を表すものを、卵巣年齢と呼んでいます。
この卵巣年齢は、卵子の周りの細胞から出るホルモンであるAMH(アンチミューラリアンホルモン)の値の測定結果に基づいて算出しています。

https://fcheck.f-treatment.co.jp/ 


血液0.1mlを指先から採取し、郵送することで結果をスマホで閲覧することができる……というキットのブランドサイトです。自宅にいながらにして検査ができるなんて、未来が来てる……と思ったのですが、初めてこのキットのことを知ったとき、「ああ、わたしが20代のときにこれがあったらな」と強く思いました。

過去、自分自身の「子どもがほしい」という思いとしっかり向き合わなかったのを割と後悔していて、なんとなく相手の意向に合わせたり、なんとなく「自分は子どもがほしくないんじゃないか」と迷ったりしていました。そうやってうだうだしているうちに、あっという間に歳を重ねていったので、なんというか、「気づいたときには選べる選択肢が限られていた」という感じがあった。

 

もっと早く、何らかのアクションを取っていれば、いまの状態はまた変わっていたかもしれない(し、変わっていなかったかもしれない)と思うと、心の奥にざらざらとしたものが残ります。

 

知った上で選ぶのと、知らないで選ぶのでは精神的に大きな違いがあります。そして過ぎてしまった時間は取り戻せないものなので、「こういう人もいるよ〜」という記録を残し、いま迷っている人の参考になったらいいな、という思いで書かせてもらいました。

 

幸い、いまの夫と結婚する際に「ああ、この人の子どもがほしい」と素直に自分の気持ちを伝えることができ、めでたく可愛い娘を授かることができたのですが、もし娘ができなかったとしても、「ちゃんと自分の気持ちと向き合い、それを相手にも受け入れてもらえた」という事実は、わたしの人生に素晴らしく前向きな影響を与えてくれていると実感しています。

 

わたしは生きていくうえで「なるべく後悔は少ないほうがいい」と思っていて、「そのためにできることはなるべく多く手を打ちたい」と考えているのですが、実際、子どもを持つことに関しては後悔を少なくするためのアクションがあまり取れていなかったんですね。それはたぶん、自分ひとりの力ではどうにもならないことだらけだし、もし望むものが得られなかったときの辛さに耐えられる自信がなかったからだと思うのですが、正直、逃げてる場合じゃなかったなあ、と思います。

 

もちろん、子どもを持つということは重大な決断だし、軽率に「子どもはいたほうがいいよ!」と言えるものでもありません。大切なのは、自分の気持ちと向き合うこと。事実をしっかり把握すること。そのうえで、自分の人生の選択肢にはどんなものがあるかを知ることだと思います。今回の寄稿が、なにかしら考えるきっかけになるとうれしいです。

 

ちょっと長めの文章ですが、よかったらぜひご一読いただければ幸いです。

『人生のプランB』を持つということ | F check卵巣年齢チェックキット

 

今日はそんな感じです。
チャオ!

寄稿しました、夫について

『働き人File』というサイトに寄稿しました。

www.recruitjobs.co.jp

わたし自身について、ではなく、わたしから見た他の誰かの「働く」について書いてほしいというご依頼で、誰がいいかなあと迷った結果、夫について書くことにしました。

このブログではあまり言及してこなかったのですが、夫はいわゆる元ニートで、大学を出てから働くことも雇われることもなく、ぷらぷらとしていたところにわたしと出会い、なんだかんだで職を得た人です。そういう彼が「いつまでも親のスネかじってられないんですけどねえ」という言葉を真に受けたわたしが彼にあれやこれやしてニート卒業するまでの話を書いてみました。感想で「あんまり参考にならない」と書かれたりしてますが、そりゃそうか……。でも、「どうしてもこれをやりたい!」がない場合、「これならやれるかな」「これならいけそう」を軸に仕事を選んでみるのもありだよ〜というのを書きたかったので、興味わきましたらぜひご一読ください。

 夫はこういうことを言う人で、仕事大好き!仕事で成長!仕事で自己実現!キラキラ!みたいな働きモンスターだったわたしとはちょっと人生の軸が違うタイプなのですが、そういうのもあって一緒にいて楽しいです。

わたしも最近は働くこととの距離感みたいなのを少し変えて生きているので、書くものもそれに合わせて変わっていくかもしれません。人生っておもしろいね!

今日はそんな感じです。チャオ!