読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

20160525

日記
映画『モッシュピット』の核ともいえるバンド、Have a Nice Day!のワンマンライブへ。
今日はそれだけのために早出してバリバリ仕事を終えた。

ほぼモッシュピットの中で過ごしてTシャツは汗だくだし白いスニーカーは薄汚れた。あの空気を完璧に説明するための言葉をわたしは持たない。何をどう表現してもあれ以上のものにはならないし、ステージから客席を睨む浅見北斗さん以上のメッセージが伝えられる気がしない。

とにかくお会いしたかった方、ご挨拶したかった最低限の人にだけお礼を伝えて、会場を後にした。帰り道のビストロに1人で入り、ワインと少しの美味しいものと一緒に、ハッシュタグで今夜のことを追った。わたしには到底手の届かない世界があった。皆が幸せで皆が何かの事件を目撃したような興奮に我を忘れていた、わたしも含め。打ちのめされて、ワインを数杯飲んで帰るところ。

悔しい。でもこういう悔しさを与えてもらえたことを、何よりの幸福だとも思う。今日はよく眠れそうな気がします。

それでは。

人は自分の物語を生きることしかできない/映画『モッシュピット』感想文

カンパニー松尾 ハマジム 音楽

映画『モッシュピット』を土曜日と月曜日に観た。

土曜日に観終わった後しばらくは、自分の中で整理がつかなかった。
納得がいかない、と思った。あのシーンもあのシーンも、あのエピソードも、どこにいっちゃったの、と思った。しかしLIQUIDROOMモッシュピットを真上から撮った映像はとてもきれいで、もみくちゃになる人たちのうねりが、ひとつの生き物のようだった。そこにすべてがあった。だからこそ混乱した。

モヤモヤした気分で週末を終え、月曜にもう一度、足を運んだ。観終えた人たちの感想を受けて、音圧の強化をした、という知らせがあったのと、関係者席でなく、自分のお財布から出したお金で得た席で観ないまま感想を言うのは、なんだかカッコ悪いと思ったからだった。

なので、本感想は映画『モッシュピット』の監督インタビューをして応援している立場からではなく、あの11月18日の夜をきっかけに彼らに夢中になった1人の会社員が、この映画を見て感じたことを率直に書きます。

続きを読む

20160524

日記
日中は粛々と。時として停滞することがあっても焦ったり慌てたりせず、説得材料を揃えて関係各所に気配りをして、機が熟すのを待つ。どうせこの先また怒涛の時間がやってくるのだから、ここは力をためておこうと焦らないようになったのは、まごうことなく年の功だなと思いながら退社。

夜は敬愛するロックンローラーにインタビュー。話したい、それをまとめてほしい、というのが嬉しくて、力量不足だとは思いつつ図々しくも引き受けてしまった。彼の魅力を少しでも伝える手伝いができたらよいなと思います。

それでは。

20160523

日記
2度目の映画『モッシュピット』鑑賞。初日より音を強く調整したと知ったのと、正直に言って初日は関係者席で観てしまったので、このままではいかんだろと思って普通にチケット買って行きました。
初日はあまり冷静に観られなかった部分が見えてきて、やっぱりいい映画だし、そこには「彼らをもっと広めたい」という思いが貫かれていて、グッとくるところがありました。
もう1回くらい観たいな……彼らをまったく知らなかった人たちがどう見たかも知りたいなと思います。

そろそろ現実に戻らねば。
それでは。

20160522

日記
今夜はこのイベントへ。
楽しかったし、映像もよかったし、いろんな話ができてよかった!

月曜からまた頑張ります。
それでは。

20160521

日記
映画『モッシュピット』初日。
ほんとにほんとにお疲れさまでした!
ここからどんな風にまた物語が広がっていくか、楽しみです。

いろいろ思うところはありますが、ここまでにおおよそを書ききってしまった気持ちもあり。たくさんの人たちに伝わるといいな。
それでは。

20160520

日記
今日はガツッとした打ち合わせやどんでん返しの軌道修正や、いろんなことがあった日でした。たくさん議論したので、お腹がすきました。

さてさて、カンパニー松尾監督へのインタビュー、読んでいただけましたか?
急遽ピンチヒッターとしてお声掛けいただいて、松尾監督とお電話で話したのが火曜の深夜、インタビューを水曜にハマジムで行って、水曜の深夜というか木曜の明け方に提出、という自分史上最短納期の文章でした。
やればできるものだ。
でもそれだけ楽しくて興味深くて、興奮したインタビューでした。松尾監督は頭の回転が早くユーモアがあり優しくてセクシーで、同時にとても優れたビジネスマンとしての嗅覚を持つ、素敵な大人の男性でした。一時代を作った方とこうしてお話させていただいて、とても光栄です。

明日は映画『モッシュピット』初日。
とても楽しみです。

それでは。