読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

生きるための希望と、死なないための重荷

「仕事もそうなんですけど、守るものが欲しいんです。自分の土台になるような」という言葉にハッとした話です。

 30歳前後の同性の、人生相談に乗る機会が続きました。

彼女たちにとって、30代を目前に、仕事だけでなく、結婚や出産、今後の自分の生き方、みたいなのを考える分岐点にいるせいで、よりいろんな経験をしている人の話を聞きたくなるタイミングなのだろうと思うのですが、ともあれ、かなり年下の女性とふたりで食事をしながら話しました。

そのときに冒頭の言葉を彼女から聞いて、ハッとしました。彼女は同棲中の恋人と結婚するかどうかのタイミングで、結婚と仕事の両立、という問題に向き合っているところでした。恋人からは家に居て欲しいと言われているけど、自分はまだ仕事を頑張りたい、もっとキャリアアップしたいという気持ちもある、でも、だからといって結婚を後回しにすることもできない、自分の土台になるような、守るものが欲しい、と。

わたしはあまり守るものを持たないで生きてきたんですが、その気持ち、分かる、と思いました。夢とか目標って、自分の人生を前にドライブするために必要なアクセルみたいなもので、背中をぐんと押してくれる力があるものだし、それがないと、がんばれない。でも、それと同時に、守るもの、ネガティブな言い方をすれば、重荷、みたいなものがあることで、堪えることができたり、踏ん張りがきいたりするのかもしれないなあ、と。

自分はこうなりたい、こんなことがしたい、やれるようになりたい、を目指して前に進みながら、同時に守りたいと思える重荷を抱えることで、バランスよく生きていけるのかもしれないですね。

わたしにとっての「重荷」は何かなあ、と思わず振り返ってしまいました。

 

 わたしからしたアドバイスは、パートナーでも仕事でも、自分の調子がいいときを基準にしないで、あまり調子がよくないとき、ちょっと低調ぎみだな、と感じるときを基準にして、その状態でもうまくやっていけそうかどうかを基準にして選ぶといいかもしれないよ、という話をしました。

特に仕事は毎日向き合わなければいけないものなので、絶対にムラが出ます。雨の日とか低気圧がひどい日はテンション上がらないし、寝不足とか二日酔いでサボりたくなる日もある。そんな日でもなんとか付き合えるような、まあ、しょうがないか、と思って一緒にいられるような仕事や職場を選ぶといいかもしれないね、と伝えました。

転職活動中って未来のことしか見てないし、新しい環境に飛び込むタイミングって前向きなので、どうしてもちょっとくらい無理めなものなら「いけるかも」と思って挑戦しがちなんですが、長く続けたいと思うなら、そういう視点での選び方も意識するといいかもね、という感じ。

いずれにしても、新しい環境に踏みだそうと四苦八苦している人の心の支えに、少しでもなれたらいいなーと思ったのでした。

 

前もこんなこと考えたなあと思ったら、3年前に近いこと書いてましたね……。なんか暗いな。きっと内省的な時期だったんでしょう。

hase0831.hatenablog.jp

 

今日はそんな感じです。

チャオ!

広告を非表示にする