インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

「話し上手は聞き上手」

こちらのエントリで、話し上手な友人の特徴をまとめましたが、
聞き上手な人の特徴についても考えてみたので備忘。


「話し上手は聞き上手」とよく言いますが、
話すのが得意でなくても、人の話を聞くというのであれば
すぐに取り入れられることが多いのではと思います。

相手の意見を一度肯定する

何かの話題でそれぞれが意見を言ったとき、
「でも、〜」「いや、〜」と否定するよりは
いったん肯定し、相手の意見を受け入れた上で
反論・質問をする方が相手も受け入れやすい、というのは
会議などで経験がある人も多いのではないでしょうか。


いきなり否定が返ってくると心が固くなってしまって、
素直に反対意見が聞けなくなったり、相手の意見を
何となく否定してしまったり。


相手の意見に賛同できなかったとしても、
「なるほどあなたはそう考えるのですね」と一度
受け止める、というのを心がけてみたいと思います。

相手に共感を示す

恋愛相談などで「もう1週間も電話してくれない」と言われて、
「1週間くらいどうってことないんじゃないのかなあ」と思ったとしても
その人にとってはそれが重大事で、悲しいこと、というのが
誰にでもあると思います。


悩みや怒りはものごとの大小ではなく、その人にとっての
重さがそれぞれで違うことだと思うので、一方的に
「いやそんなの普通でしょ」と返すのではなく、
その相手にとっての問題の重さ、に共感してみようとする。


少しズレますが、一部女性が長時間おしゃべりしていられるのは
この「共感」が基本にあるからではと思っています。
「かわいい」「むかつく」「うれしい」「悲しい」は
一番シンプルな共感ですよね。
#「共感」が「同感」ではないことも多いですが

傾聴する

傾聴とは、「こちらの聞きたいこと」を「聞く」(Hear)のではなく、
「相手の言いたいこと、伝えたいこと願っていること」を受容的・共感的態度で
「聴く」(Listen)こと(後略)

「医療・介護の小部屋>傾聴とは」


これに尽きるかもしれないのですが、聞き上手というのは
相槌がうまいとかミラー効果を上手に利用できることの前に、
「相手の言いたいことは何か」を注意深く聞くことが出来る人なのかもしれません。


#「傾聴」についてはこちらのサイトで分かりやすくまとめてあります
「傾聴ボランティアのすすめ」


最後に、以前、ある年配の女性に「和顔施(わがんせ)」
という言葉があると教えていただきました。


和やかな顔をすることで周りの人が救われる、という仏教の用語だそうなのですが
話し上手・聞き上手になれなくても、ニコニコして話を聞く、というのであれば
すぐにできそうですね。


わたしもがんばります。
ではまた。

広告を非表示にする