インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

20160831

 ここ数年、お誕生日当日には所信表明的なものを書いているようなので、今年も。

2016年、今年も無事、死なずにお誕生日を迎えることができました。ありがとうございます。今年の幕開けはなかなか重く、なるほど人生って一筋縄じゃいかないな、と思いつつ四苦八苦していましたが、なんとか今年の前半を終えることができました。こうして誕生日を迎えたらあとは秋、冬へと一直線なので、2016年もどうにかなりそうです。よかったですね。

さて、去年から今年にかけては衝撃的なことが多くて、いろんなことを考えました。うわーもういろいろやったと思ってたけど、まだあるんだー、こういうイベント!と思って、正直、ちょっと疲れました。そして耐え切れなくなったとき、思わず信頼できる人の前で号泣してしまって、またこの人の前でこんなふうにグシャグシャになって、心配させている自分が嫌だなあ、と思いながらも、その優しさに甘えさせてもらいました。先日、母からお誕生日おめでとうのメールが来て、そこにも「あなたはわたしたちの前であまり弱音を見せませんね」と書かれており、自分の感情を解放して他者に身を委ね甘える、というのは、今までのわたしができなかったことだったので、そういう自分の変化に驚いたりもしました。

人生の季節が秋に差し掛かって、終わりを意識し始めているというのが大きいのかもしれません。まだ生きていられるうちに他者との関係をどう持ちたいか、どんなふうに愛して関わっていきたいか、を考え倒した1年でした。残念なことにそれについて明確な結論は出ていなくて、好きだと思う人たちと、ただ一緒に楽しく過ごせればいいかな、というところにいつも着地してしまいます。そんな感じでダラダラと、明確な結論を出せないまま、また1年、生き延びてしまうのだろうとも思います。

最近でいうと、わたしの人生に新しい人間関係が生まれて、よき友が増えました。酔ってだらしなくみっともないところを見せたり、感情的にワガママをぶつけて甘えたり、隠したかった弱いところをさらけ出したりできる友人関係は久しぶりで、不思議な感じです。大人になったら友達ってそうそう増えない(知り合いや飲み仲間は別として)と思っていたのですが、意外と増えるんですね。相手がどう思っているかは分かりませんが、少なくともわたしの生活においてとても大切な友人が増えて、自分の部屋に置く椅子を増やした気分です。
椅子の話は、ちょうど去年のお誕生日直後、こんなことを書きましたね。

hase0831.hatenablog.jp

幸せを祈りたいと思える誰かが自分の生活の中に増えるのは、何よりも幸福だと思います。

離れていった人、まだそばにいてくれる人、新しく出会った人、そばにいることを決めてくれた人、それぞれがわたしにとって大切な人です。2017年までの1年も、またどうぞよろしく。

 

今日はそんな感じです。
チャオ!

広告を非表示にする