読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

2017年第7週の日記

日記

2017年第7週の日記です。

今週は暖かい日も多く、春が着実に近づいてきているのを感じた一週間でした。スーパーにも春野菜がたくさん並び始めているのを目撃し、とてもワクワクしています。あと今週は平日に毎日なにか1つ書く、を試してみたのですが、意外と書けてよかった。そういう気分のときパッと着手するのは大切だな、と思った次第です。次からは「平日毎日」とか気負わず書こう。

それでは今週の日記です。

20170213

月曜日です。冷えつつも暖かさを感じる日。お天気がいいと気分もいいですね。

ニュースチェックをするついでに見ていたサイトで、ある本を見つけました。「東京ノスタルジック百景」。フリート横田さんの著です。2020年を前に再開発が進む東京の、喪われゆく景色を歩き取材した内容をまとめた一冊。ニュー新橋ビル、築地市場、三茶の三角地帯。通りかかったりよく目にすることの多い馴染みのある景色も含まれていますが、今までは通り過ぎるだけだった風景にどんな人がいたのか、がくっきりと浮かび上がります。 

東京ノスタルジック百景 失われつつある昭和の風景を探しに

東京ノスタルジック百景 失われつつある昭和の風景を探しに

 

 あっこれは絶対好き!と思ったので会社帰りにすぐ買いに走り、帰宅してじっくりと読みました。前日、長野重一さんが1950年代の東京を撮った写真集を見て、さらにそのあとソニー展で同じ年代のソニービルの写真を見かけたり、似たような時代の風景に触れる機会が続いていたので、今回もそういうめぐり合わせかな~と思いました。

東京1950年代―長野重一写真集

東京1950年代―長野重一写真集

 

「そういうめぐり合わせ」ついでだと思ったので下北沢B&Bへも寄り、おもしろそうな本をいくつか物色。いくつかいいなと思う本もあったのですが、今月はいろいろ買いすぎだなと思ったので、いったん見送り。本棚の整理もしなければ……。

 

20170214

バレンタインデーです。にも関わらず疲れはてていて、自宅に帰るのすらおっくうで、夕食をひとりで食べて悲しくなって、とぼとぼと帰途へ。家についたらすぐお風呂を済ませ、今週も「カルテット」です。

先週ラストのサスペンスのような引きをそのまま持ち越したような、ハラハラする展開。感情が揺さぶられ続けたので、観ていてしんどかった。そして「結婚してたのに夫にずっと片思い」というマキさんのセリフ、わたしもそうだったので、つらくなりました。「捨てた」とか「捨てられた」とか言いたくないですけれど、そういうふうに誰かとの関係をパッと手放せる人は実際にいる。そういう人から手放される、諦められてしまう瞬間というのは、それを思い出すだけで、本当に、つらい。過去の離婚に至る過程で「わたしとのことを、わたしとの人生を諦めないでよ」と何度も訴え続けたけれど、結論、それは叶わなかったのです。

手を放されてしまったらわたしにできることはもう何もないし、そしたら自分の心が死なないために「クソヤロー!」って叫ぶしかなかったよな、ということを思い出してしまいました。そしたら芋づる式にいろいろ蘇ってしまって、非常にダウナーになった夜。いやあ、感情移入しすぎですね。来週は大森靖子さんが登場ということで、こちらもソワソワ……

 

20170215

なかなかつまりぎみの1日。朝から会議やらなんやらで、慌ただしく過ごしました。お昼ごはんを食べそびれたり、なんだか調子が出にくいというか、身体や頭がぼんやりして、モヤがかかった感じ。気分転換で休憩時間にiPhoneからブログをバーっと書いたり、フロア移動を階段にしてみたり、いろいろ試して、なんとか日中を乗り切りました。

夜は心配して会いに来てくれた恋人とオムライスを食べて、お店を移動して軽くお酒を。いろいろとくだらない話をしていたらだんだん元気が戻ってきて気分もよくなったので、信頼できる大切な相手と過ごす時間って大事なんだなあ、と思った日。

 

20170216

暖かい日。そういえばこのところずっと暖かい日が続きますね。もう春が近いのかなあ。例年でいうとここで一度またグッと寒くなるようなイメージがありますが、このまま暖かくなってほしい。

朝から外出で、長い会議でこちらの主張をほぼ100%飲んでもらうことに成功し、意気揚々と戻ってきたものの、ずっとしゃべり続けていたせいかドッと疲れが出たので「今日はもう最低限のことしかしないぞ」と決意して、そのようにしました。

この日は婦人科のかかりつけを変えようと思って見つけたクリニックの予約がありました。行ってみたところ、いろいろ配慮が行き届いていて、驚いた。個人名を呼ばないよう番号札を渡されその番号で呼ばれたり、でも対面時には必ずフルネームの確認があったり、検査結果を電話で聞くことができる体制が整っていたりと、こんなとろがあるんだなあ、と思ったのでした。あと院内にスマホ充電OKのコンセントがずらり並んでいるスペースがあって、それにもビックリ。アクセスもよくいい病院だと思うので、しばらくここにお世話になります。

 

20170217

春か!というくらい気温が上がった日。風も強く、なんと春一番が吹いたとのことで、うれしいな~。でも花粉症のみなさまは大丈夫かしら。

気の重い会議やら釈然としない通達やら、社会人として、まあこういうのはあるよね……という事象に当たって、その都度なるほど~~とか思いながら乗りこなし、予定を大幅に過ぎて退社。定時を過ぎてからの会議というのは、必要最低限のものしか受けないようにしているのですが、そういう時間帯でないと出てこないクローズドなエピソードもあるので、一律に断るわけにもいかないな、と思いました。

週末なので恋人に晩ごはんを作る約束をしていたのですが、そんなこんなで疲れてしまったので、外食に。せっかく楽しみにしてくれていたのに、ふがいないなあ、と思いつつ、無理はしないようにと決めているので、甘やかしてもらいました。ありがたいな~。夜は早めの就寝。今週も、おつかれさまでした。

 

20170218

予定があり早起きをしたのですが、身体の様子と相談し、疲労度の具合からしてアッこれは無理と思ったので、日中の予定をキャンセル。二度寝をして起きたのはお昼ごろ。だらだらと過ごしてツチヤタカユキ「笑いのカイブツ」を読了。

笑いのカイブツ

笑いのカイブツ

 

感想は、うーん、保留します。でも鮮烈な一冊ではあった。

その時点でもう17時、何をするにも遅い時間帯だな~という感じ。しからば晩ごはんをしっかり作って食べようという結論に至り、シャワーを浴びたあと、新しくできた大きなスーパーへ。初めて行ったわけではないのですが、欲しい商品を探して店内のあちこちを巡っていたら、味噌や醤油や油などが大量種類展開されている棚を見つけてしまい、調味料好きとして大興奮して(恋人に笑われたりしながら)商品を検分したのでした。調味料なんて一家に1つずつあればいいのに、なのにあんなに多くの種類が展開されているのは、「豊かさ」としか言えないし、その製法の違いや個性が本当に面白い。楽しかった……

すっかり興奮しながら帰ってきて、ビール片手に料理を始め、恋人にひき肉をこねてもらいながら、キッチンで「安住紳一郎の日曜天国」の過去放送分を一緒に聴く。やはり朝食バイキングの回とサプライズ至上主義への上申書の回は本当に好き。よく笑って気分もよくなり、夕食の煮込みハンバーグに目玉焼きを載せるという贅沢までしたので、最高の夜でした。せいぜい数千円で、ふたりこれだけ楽しく幸せに過ごせるんだから、料理っていいものだなと思ったのでした。(ひき肉はよくこねられていて、おいしいハンバーグになりました)

 

20170219

雲ひとつない青空の暖かい日。久しぶりのバンド練習で渋谷へ。

バンド練習、というと正確じゃないですね、練習というよりふんわりしたテーマを決め、みんなで好きなフレーズを鳴らして合わせ、曲っぽいものを作る、というかなり自由な遊びなのですが、今回は初めてトロンボーン奏者の友人と合わせることができて、楽しかった。電子音+ギター+ドラムにトロンボーンなので、生音の圧に電子音をどうやって混ぜるかみたいなところが課題かと感じたのですが、どうしたらいいか、わたしにまったく知見がなく、手探りの3時間。でもこういう手探りそのものが楽しいので、続けててよかったな、と思います。気付けばこのメンバーで合わせるようになって、もう3年!途中でペースダウンしたりもしましたが、継続は力なりですね。

軽い気持ちで始めたドラムですが、自分の身体を動かして大きな音を出す、というのには、原始的なよろこびがあるように思います。そして集中してフレーズを叩いて、次、どうしようか考えている瞬間は気持ちがスーッと無になっていくので、とても気分転換になる。周りの音をよく聴き、他のメンバーが何をどうしたいのかを察知して、じゃあわたしはこうしてみよう、と叩いた音がハマる瞬間は、本当に楽しいので、これからも続けたい。とはいえ「こういうふうにしたい」を実現するには全然パワーもテクニックも足りないので、筋トレと練習の必然性を改めて実感したのでした。

 

今年の第7週目は、そんな感じでした。

チャオ!

広告を非表示にする