インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

毎日のことをちゃんとする

epochmaking.hatenablog.com

読みまして。

わたしも実家にいた頃は自分の車があったので、意味もなく深夜、車に乗って出かけることがありました。行き先はたいした場所ではなくて、30分くらい行って海を見たり、ちょっとだけ高速道路に乗ったり、深夜の映画館でひとり映画を観て缶コーヒーを飲んで帰ってくる、みたいなことをしていました。交通機関の最終を気にすることなく「好きなときに、行きたいところに行ける」という解放感が好きでした。 

で、今を振り返ると、元エントリーにあるように今のわたしの生活ってわりと仕事に支配されているなあと思い非常に反省しまして……。仕事は楽しいし良いメンバーと働けているので面白くて夢中になりがちなのですが、それで自分の生活がおろそかになるのはすごく危うくて、良くない。楽しくてのめり込むのはいいことだけど、それはそれで結局、依存してるのと同じことですものね。

なるべく自分のペースを失わず生きるには、この「生活を仕事に支配されている」ことになるべく早く気付いて、持っているタスクを自分から剥がして行く必要があると思うので、自分の中で「このラインが侵されたらやばい」みたいなものを、もっとたくさん持ったほうがいいのかもしれません。

このエントリでも書いたのですが、

予定の時間に起きられなくて寝坊したなら身体が疲れていたり、精神的に「仕事行きたくない…」と思うようなことがあるんだろうし、「今朝はコーヒーいらない」と思う日はもしかしたら胃の具合がよくなかったり刺激の強いものを受け入れられない状態だったりするわけです。

自分のことって意外と把握できていないことが多くて、いつもどおりのペースを保って無理しすぎたりするので、そのアラートをどうやって拾うか、でいうと、こういう儀式を作っておくのはいいんじゃないかなーと思いました。

hase0831.hatenablog.jp

いつも朝やること、の流れを決めていて、それを飛ばすとき=疲れていたり、いつもと違う状態にあるとき、というのを自覚できるような仕組みにしようとしています。それでいうと確かに最近はコーヒー淹れてないな……。夢中になると、すぐ忘れてしまって危ないですね。こういう、毎日のことがちゃんと維持できなくなっている状態にはもっと敏感になって、早めに退避し、体勢を立て直せるようにしておかないとなと思ったのでした。

 

自分の好きな生活のやり方を大切にすること、たとえばわたしだったら、毎週スーパーに行って、野菜コーナーの入れ替わりから季節をしみじみ実感する喜びとか、毎朝お弁当を作るとき卵焼きの焼き加減に一喜一憂する楽しさとか、晴れた土曜にベッドカバーやシーツを全部剥がして一気に洗って太陽でパリッと乾かす幸せとか、そういうことをちゃんとやっていきたいですね。前も書いたけどね。

hase0831.hatenablog.jp

 

自分が危うい状態になりかけてる、というのを気付かせてもらえたので、人のブログを読むのってやっぱり楽しいな。なんだか救われた気持ちです。ありがとう。

 

今日はそんな感じです。

チャオ!

広告を非表示にする