インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

薄目をあけて近い未来を眺める

誰かとの関係が始まったとき、始まろうとしているとき、始めようとしているとき、薄目をぼんやりあけて、未来を眺めているような気分になる。

 
ぼんやりとしてるけど輪郭はなんとなく見えていて、鮮やかだったりフワフワしていたり、あたたかそうだったり、大きかったり小さかったりする。
その様子を眺めながら「これは絶対にほしいものだ」と思えるかどうか、自分の未来に、それが絶対にあってほしいかどうかを考えて、手に入れるために自分の時間を使う是非について検討してるときが、一番たのしいのかもしれない。
 
まあほしがったとしても手に入らないことも多々あるわけですけれども…。
 
男女問わず新しく仲良くなりたいなと思う人とか、これやりたい!と思う仕事とか、そういう分岐点ではこういうことを考えてるんじゃないかなーと思った次第です。特にオチはありませんので以上です。
 
今日はそんな感じです。
チャオ!


幸せの手触りを確かめる話 - インターネットの備忘録

広告を非表示にする