インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

レンタル着物を借りるとき気を付けてたこと

時期的な問題なのか、「結婚式 着物 レンタル」で検索してくる方が増えたので、注意点を備忘。


レンタル着物のメリットとして、買うより気軽に色々な種類の着物を試せて、収納も気にしなくていいなどたくさんありますが、デメリットがいくつかあります。


サイズに注意

ツルシのスーツみたいなもので規定のサイズから選ぶため、すごく背が高い人、すごく低い人には向きません。


よくあるのが手首がニュッと出てしまったりすること。普段の着物だとちょっとくらい手首が出てても気にしないのですが、レンタルしてまで着ていくのはたいがいフォーマルな場だと思うので、気をつけたいところです。


肌着に注意

肌襦袢や足袋、たまに着付け用の腰紐なんかは自前で用意する必要があるところがほとんどです。

肌に直接触れるものなので他人の着古しとか嫌だし当然なのですが、意外と見落としがちなので。


ちなみに正規に呉服屋さんで買うより楽天とかで安売りのを探して買うようにしてます。高価なものを買って何度も洗って使うより、毎度おろしたてのほうが良いかなと思ってます。
普段の着物は別です。

前に着物屋さんで聞いた話で、安売りの足袋をまとめ買いしていくのはお坊さんに多いそうです。足元に目が行きがちなのと、常におろしたてで真っ白な足袋で臨むようにするためなんだとか。


小物に注意

見落としがちでわたしも何度かアチャーがあったんですが、ぜんぶセットのレンタル着物だと、小物がガッカリクオリティなことがあったりします。


ここでいうのは鞄や草履のこと。
たまに帯揚げと帯締めがヒドいラインナップしかなかったりしますが、最悪目立たないように着付けるとか、自前のものに変えてもよい。

でも礼装用の小物って買おうとするとウッて金額だし合わせようとするとなかなかむつかしいんですよね。

なので借りるかどうか決める時に、小物はどんなものになるか見せてもらう方がよいです。
まあ逆になんで見せてくれなかったんだろうとも思うんですが…。

ちなみに帯揚げ帯締めを自前のものに帰る場合、もちろん礼装用の格の高いやつにしなきゃいけないんですが、その中でもセットになってるものと色みだけでも同じにしておくと着付けてガッカリになりにくいです。


着物は楽しい

夏場に浴衣で出掛けるのがだいぶ浸透しましたが、冬こそ着物で出掛けるのが好きです。
あったかいし、襟元だけ防寒して後は袂にホッカイロでも入れておけばある程度の寒さもしのげる。


何より寒い時期の着物や白い足袋の美しさは格別だと思います。あと、年齢を重ねるほど似合ってきてる気がする。
個人差ですかね?


今日はそんな感じです。
チャオ!

DVD付 手ほどき七緒 大久保信子さんの着付けのヒミツ (七緒別冊 プレジデントムック)

DVD付 手ほどき七緒 大久保信子さんの着付けのヒミツ (七緒別冊 プレジデントムック)

広告を非表示にする