インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

努力した事実はなくならない

前にも書いたかもしんないんすけど、趣味で楽器演奏をやってるんですよ。

 
 
自分でコツコツ練習してるつもりでも合わせるときパァーってなってミスったり忘れたり失敗することのが圧倒的に多くて、たまに「みんなで演奏してるときしくじってたんじゃ練習したって言っても意味ねえな」とか思うんですけど、
 
 
これを読んで、なんか、そういうことじゃないよなと思いました。
 
 
人前でうまくやれるように頑張ることが大前提なんですけど、うまくやれるほうがいいんですけど、そのこと以外にも、「自分はこれだけやれた」みたいな気持ちが手に入るわけで、そっちを大切にしなきゃいけなかった。
 
 
仕事も何でも結果が大切で結果でしか評価されないのに変わりはないんですけど、真面目にやったことを自分は知ってるわけで、結果が出なくてもその事実はなくならない。
 
そういうのを海外の人は「神様は見てる」って表現したのかもしんないですね。
 
 
真面目にやればやった事実が手に入るし、たとえ失敗してもその事実は変わらない。
逆にサボったことがバレなくても自分はそのことを知っちゃってるわけで、そういう意味でも気持ちを引き締めていきたいと思いました。
 
 
ということで年末のライブに向けて今日もみんなで練習なのです。
 
 
今日はそんな感じです。
チャオ!
 

 

努力論 (岩波文庫)

努力論 (岩波文庫)

 

 

広告を非表示にする