インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

ココだけやっとけ!大掃除(2/3) 台所編

昨日のつづき!

五徳と換気扇とグリル

油汚れ三兄弟!

  • お湯で油をゆるませる…シンクにお湯を張り、そこに重曹もしくは中性洗剤を溶かして付けておく。シンクにお湯が溜められない場合は、洗い桶でもいいですし、大きなゴミ袋の口を広げる感じで置き、そこにお湯を溜める。
  • こすって落とす…スポンジたわしで汚れをこすり落とします。わたしは重曹をお湯で捏ねたものを塗ってこすってますが、クレンザー的なものでも良いですし、激落ちくん的なものでも良いです。
  • 乾燥させる…洗剤をよく洗い落としたら、新聞紙の上などに広げて乾かします。このスキに換気扇フィルターなどを付け替えると楽です。

シンクと蛇口

  • 汚れを浮かせる…霧吹きでも濡らした雑巾でも良いのでシンクの中を濡らして、重曹を撒きます。その後、お酢をスプレー。お酢でなくても、クエン酸でもレモン汁でもいいです。しゅわーっと泡が立ってくるので、しばらく置いておきます。
  • こすって落とす…しゅわーっとなった後、もしくはクレンザー的なもので汚れをこすり落とします。頑固な水垢は諦めましょう。大掃除でそこまで頑張ると後が続きません。プロに頼むのも手ですが、納得いく範囲でこすり落としましょう。
  • 拭きあげる…よく洗い流した後、スポンジワイプで拭き上げます。なければふきんでも。さらにマイクロファイバークロスで仕上げ磨きをするとピカピカになって、「やった感」が出ます。

壁と調理台

  • 汚れを拭う…壁に飛んだ汁や油が残っていると、なんとなく曇っているような印象になり、スッキリしないので、ぜひやることをおすすめします。乱暴なやり方ですが、我が家はタイル壁なので、「堅く絞った雑巾に、台所用洗剤をちょっと付けて、それで壁をごしごし擦る」という方法を採っています。壁がクロス素材の場合はここをスキップして、水拭きから始めるほうが無難かも。
  • 水拭きする…お湯に付けてかたく絞った雑巾で壁と調理台を拭きます。1度で落ちないことが多いので、何度か繰り返すのが良いと思います。何枚かくたびれたタオルを用意して、20センチ幅くらいに切ったものをたくさん用意して、どんどん新しいもので拭いて、後でまとめて水洗いすると楽です。
  • 乾拭きする…めんどくさいのですが、絶対に乾拭きしたほうがキレイです!右手に濡れ布巾、左手にから布巾を持って、左右で濡れ→乾拭き、というふうに繰り返すと楽です。わたしはここでいつもベストキッドの「ワックスかける!ワックスとる!」と脳内師匠に言ってもらってます。

パックス重曹F 2kg

パックス重曹F 2kg

ねば塾 クエン酸 500g

ねば塾 クエン酸 500g

クリームクレンザー ジフ 270ml

クリームクレンザー ジフ 270ml

メラミンフォーム 激落ちくん

メラミンフォーム 激落ちくん

スポンジワイプ 迷子のヒツジ柄 WX151122

スポンジワイプ 迷子のヒツジ柄 WX151122

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入り S-361

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入り S-361


明日はトイレ編!

広告を非表示にする