インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

ブログで承認欲求は満たされたか?

わたしの答えはNOです。


はじめは自分自身の備忘録として「誰に見せるわけでもないし」と思って書き始めていたものの、PV数が上がったり、ホッテントリに入ったりすると、だんだん「他人の目」を意識するようになりました。

そうすると「これは書くのやめよう」とか「これは書かなきゃ!」という、自分から発生したものではない感情で何かを書こうとしてしまって、結局、承認欲求は膨らんでいく一方です。自己承認には少しずつ近付けている気がしないでもないですが、それ以上に他人に認められたい・褒められたい、と思う気持ちの方が強くなっているんですよね。

渇きに耐えられず海水を飲んでしまうようなもので、PV数が上がれば上がるほど、リアクションがあればあるほど、「もっと、もっと」を求めてしまうもんだな、と実感します。


…みたいなことを、最近のはてブに上がるエントリを見ていて考えました。あんまりためにならなくてすみません。
他の人はどうなのかなあ。

広告を非表示にする