インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

「京都国際マンガミュージアム」がすごく良かった話。

嫁ぎ先の法事で関西へ行っておりました。
で、夫のご実家のお世話になって数日滞在できるので、この機に…と思い、かねてから気になっていた「京都国際マンガミュージアム」へ足を運んでみましたので、備忘。

何しろ立地が良い


交通案内 | 京都国際マンガミュージアム
京都駅から電車で5分。「烏丸御池駅」すぐという好立地。駅から出てすぐなので分かりやすかったです。帰りに散歩がてら先斗町あたりを歩いてこられたのも楽しかった。

ところで「烏丸御池駅」ってなんで「からすま」って言うんでしょう。「る」はどこへ。

800円でのんびりし放題

特別展を見たいなら1,000円のセットチケットが良いようですが、それでも800円で、当日に限り再入場OK(有料特別展を除く)。気前がいいですね。敷地内は禁煙だし、もともと小学校(龍池小学校)だったそうで、建物も趣があってよかったです。ちょっと床板がギシギシ言うのはご愛嬌ということで。

世界各国のマンガ本・アニメーション関連書籍が約30万点(!!)所蔵、そのうち約5万点が自由に閲覧できる(研究閲覧室 | 京都国際マンガミュージアム)とのことで、圧巻でした。蔵書だけじゃなく、展示も面白かったですよ。

マンガ好きなら是非


ちょうど「絵師100人展」(2012年3月17日(土)〜6月24日(日))なるものが開催されていたこともあり、記念チケットは蒼樹うめ先生のものを選びました。コレ以外にも特別展オリジナルチケットの図柄は何種類かあって選べるようです。夫は「なんとなく」ということで高野音彦先生のものを。


個人的にはバンド・デシネのコーナーがあって嬉しかったです。3月に逝去されたジャン・ジロー=メビウスの特集コーナーもありました。いつまでだろう?早めに行ったほうがいいかも。


ここ以外にも造幣局桜の通り抜けとか天満橋の美味しいお店とか色々連れて行ってもらったのですが、それはまた別の話し…ということで。マンガミュージアム、また行きたいです。

京都国際マンガミュージアム
http://www.kyotomm.jp/

広告を非表示にする