インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

パートナーの条件

11月22日=良い夫婦の日っていうことなので、なんとなく考えたことを。


夫婦というか、「人生を共に生きて家族を作るパートナー」としての必要最低限の条件ってなんだろうなあとずっと考えていて、「不安にさせないでいてくれること」なのかもしれないと思うようになりました。

この「不安」が「経済的不安」なのか「精神的不安」なのか、優先順位は人によって違うと思うのですが、パートナー候補として相手を見た時に「不安にさせられる」というのは、「一生を共にする」という意味では致命的な問題なんだろうな、と。

自分が「経済的な不安があることがストレス」ならば、「経済的な安心感を与えてくれる相手」をパートナーとして選んでもいいでしょうし、自分である程度稼げるなら、そうじゃない相手を選んだっていいでしょう。


結婚に限らず「パートナーシップ」って「継続可能な仕組み」が大事だと思います。
それは、嫌な言い方になっちゃうけど、「よりガマンしやすい方」を取るのが間違えにくいなーと思っていて、どっちがガマンできるかはその人の価値観だから、自分にとって「継続して関係を作れそうな相手」を選べばいいと思うのです。
とはいえ、「経済的な安心感を与えてくれる相手」を選ぼうとすると「愛のない結婚なんて!」とか叩かれる空気になっちゃってるので、なんかこのへんでこんがらかってるのかもしれないなーと思いました。

いいと思うんですよね、それでも。
経済的な安心感があって初めて相手と良好な関係が作れる人もいるでしょうし、逆に「相手に食べさせてもらってる」状態が嫌な人もいるでしょうし。


「どちらでもいいから、自分にフィットしてラクに生きられる方法を選ぶことができて、それを誰からも非難されない世界」になるといいなーと思うのでした。


泣いても悩んでも死んでしまえばすべて終わるので、後悔のないようお過ごしください。

広告を非表示にする