インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

「もう運命は変わっている」

ある女性向け企画を考えるにあたりでいろんな方にお会いしているのですが占い師の方と取材兼ねた雑談をしていてガーンときた言葉と、それを思い出すきっかけがあったので備忘。

占い師の方には開運のポイントとか運気を変えるこつみたいのを聞いてたのですが、その方のお考えでは、「宿命」=予め定められた命の役割、は変えられないけど、「運命」とはつまり自分の命をどう運ぶか、生きていくうえで自分の命をどう活かすか、つまり、「運命は変えられる」という考え方をされているそうで。

会話の中でぽつりと「ただ、結局そのひと自身が運命を変えたい、人生をよくしたい、と思って、鑑定に来たり占いを見たりしているわけだから、その時点ですでにその人の運命は変わり始めているのよね」と仰ったのです。

なるほどな、と思いました。

運命とか宿命って、もう変えられない、どうしようもないわけではなくて、役割を知った上でひとそれぞれの方法でいいから、自分から人生をよくしようとするための一歩を踏み出そうと自分から行動すれば、未来はもっとよくなる、運命は変えていける、というのは、素敵な考え方だなと。

僕は別にスーパープログラマーでもなければ社会的実績もない、東京在住の20代の一般人です。ただ、一般人でも自分の半径5メートルの先にいる「すごい」ヒトにホップして、届くことができる。シリコンバレーOracle組んでましたっていうキャリアをお持ちの方と、たまたまSI会社に入った一般人の僕が接点を持てるのである。何も知らない会社の同僚にそんな話をすれば「おまえ何言ってんだ?」というのが関の山だが、いやいやこっちは大真面目なんだって。リアルなんだって。

「自分の半径5メートルを作っていこう」-GoTheDistance


これもきっと、ござ先輩がブログを始めると決めた瞬間から運命は変わり始めて、これからも発信し続けることで彼の運命をどんどん素敵な方向に、彼の望む方向に変えて行くんだろうなと思いました。

さて「半径5メートル」という単語がひっかかっていて、なんでだろうと思っていたら、自分が去年のエントリで使っていたんだった。


「たましいの釣り合う人としか出会えない」

「素敵な人に出会うにはどうしたらいいか?」


結論、自分も素敵な人になるしかないのです。
結局、自分と同じレベルの人しか寄ってこないのです。

周りの大事な誰かに必要とされたいし、そうやって必要とされて
大切にされて幸せな人には人って寄っていきたくなるものだから、
まあ自分の身の回り半径5メートルくらいから
始められることを始めようと思います。


わたしの場合は「身近な人」という意味での「半径5メートル」でしたが、このエントリを書いた頃にはいまのパートナーとも出会ってなかったし、仕事は別としてプライベートでたいへん辛い日々を送っていて、もうダメなんだろうな、もうこのまま、ゆるく死んだような人生が進んで行くんだろうなと思っていたので、こんなふうに人生がガラッと変わることも考えていなかった。


わたしもこうして決意して発信することで、もしくはなんらか別の方法で最初の一歩を踏み出して、自分の人生を変えられたのかもなあ、と思いました。
#そこで出会えた人たちのことも、大切にしていかなきゃいけないですね。


わたしも発信し続けたいと思います。


おまけ:
☆大切なひとにできるただひとつのこと
http://d.hatena.ne.jp/hase0831/20090309

☆人との出会いは新しい人生の可能性(話題リストつき)
http://d.hatena.ne.jp/hase0831/20090211

広告を非表示にする