インターネットの備忘録

インターネット大好きな会社員がまじめにつける備忘録です。

スキルアップ研修をうけてきた

木曜と金曜、先期にがんばったご褒美として、社費で
ビジネススキルアップ研修を受講させてもらってきました。


面白かった&今後の備忘として書き残そうと思います。


  • 受講内容

商談スキルアップ研修

  • 概要

各プロセスとスキルを学ぶことで「お客様本位の営業」を実践する

・基本スキル→ニーズをヒアリングするための基本テクニック
・応用スキル→お客様心理の変化に応じて
商談環境の設定・ニーズのヒアリング・最適な解決策の策定・
抱いている疑問や不安の解消・実行への段取り までのテクニック

各ステップを11項目に分け以下の手順にて学んだ
ビデオ・テキストでの座学→ロールプレイ→講評

  • 所感

・自分の無意識のノウハウが体系化できた
出来ているけど理論づけられていない、ということは意外に多く
わたしがいますでに現場に出てわりと実績も上がっているタイプなので
スキルやテクニックとして新しいものを知る、というよりは、
「なんでそれをやると効くのか」「なんでこの言い方が響くのか」
が感覚ではなく理論で体系化できたのが一番の収穫。


もちろん新卒とか営業初心者にとっても
すごくいいレクチャーになると思います。


・自分の強みと弱みも理解できた
「出来ていたこと=得意なこと=強み」
「出来ていなかったこと=苦手なこと=弱み」
という意味でですが、分かっているけどやってなかったこと、
っていうのは自分の苦手な箇所であり、頭で理解できれば
防御策が打てるようになるので、これも収穫。


例でいうと、わたしは商談中の「間」「沈黙」が怖いタイプで
今まで分かっているのにベラベラしゃべってしまっていたのですが
「間が怖い=自分の調査不足を突っ込まれるのが怖い」ということ、
という仮説を立て、あらゆる質問のケーススタディを洗い出しておき、
こういうときにはこうして答えれば・交渉すればいい、というのを
今回学んだテクニックをもとに対策を練っておける。


仮説検証するための対策が考えられるようになった、という感じかな。


・スキル=武器で、キャラクタの魅力=営業スタイル
わたしを含めて16人の受講者がおり、それぞれのキャラクタがあったわけです。
受講前に「他の参加者全員とぜったいに一言は話す」と決めて実行できたのですが、
年齢性別経験バラバラの人たちがいて、キャラクタもバラバラ。


無口でどっしりした人もいれば、しゃべるのが上手くないけど誠実そうな人、
理論的にテキパキしゃべる人、いろいろで面白かった。
どれがベストっていうのはなくて、「その人らしさ」が
その人の営業スタイルになるんだろうなーと思いました。


今回学んだスキルがあくまで戦うための武器であるとすれば、
その武器をどう使うかは人それぞれでいいんだなーと。



・客観的に見るって大事
逆にわたしも自分自身のキャラクタを少なからず理解できました。
なんといってもロールプレイ後の講評がよかった。
話し方のスピードや声のトーンなどを初対面に近い人に
評価してもらえるなんてめったにない経験なわけです。
しかもビジネスシーンの。


お客さんはまず教えてくれないし、それ以外の人でも
基本的に気を遣って褒めるわけで(mixiの紹介文みたいなもんですね)
そもそも「ここをなおした方が良い」なんて言われたら
普通はカッとなって「おまえ何様だ」と思われかねないわけで、
ほんとうになおした方が良い場合でもなかなか言ってもらえない。


なので言いにくいことを言いやすい環境、受け入れやすい環境、を
強制的に設けてもらうっていうのはいい機会でした。


・業界越えた仲間ができた
今回はIT系はほとんどいなくて、ほんとに幅広い業界からの参加で
業界独自の慣習やビジネスモデルみたいなのを聞けて面白かった!


初日の夜もみんなでプチ親睦会をしたのですが、終了後には
全員と名刺交換をしまして、3ヶ月くらいしたら同窓会をして
その後、今回学んだことをどう活かしているか、新たな課題はあったか、
みたいなのを集まって話してみたいと思います。


営業ばっかりだから対人スキルは高い人が多いし
研修を受けに来るくらいなので意識は高く積極的な人ばかりなわけで
そういう人たちとの縁が出来たのはほんとうにいいことでした。


研修終了後に会社にもどって15人全員に手書きでお礼状を書きました。
全員で集まる前に数人とかで集まる話もあったりで、すごく楽しみ。


    • -


終えてみて改めてわたしは仕事が好きだなあ、というか、
営業って創造性のある仕事なんだなあ、と実感できました。


もともとデザイン科出身で「自分にしかできない仕事」
みたいなのにすごく執着が強いのですが、デザインから
離れてからは何となくその思いを忘れかけていたというか
ちょっと諦めかけていたのですが、営業でも自分らしさを出せるし、
デザイナーでいた場合よりも扱える幅はうんと広いわけです。


人が好き、話すのが好き、役に立つのが好き、という自分には
実際営業ってすごく合っているんだなーとしみじみ思え、
仕事に対して今まで以上に前向きになれそうな感じ。


以前の会社で研修を受けたときには高い金払ってこの程度か、クソが
とか思っていたのですが、受ける側の心構えもあったかもしれない、
と反省してみたりしています。


ということで出逢いやチャンスに貪欲になると
どんどんいいことが舞い込んでくるということで
これからもいっそう頑張っていきたいとおもいまーす。

広告を非表示にする